信頼関係を壊さない為にもキャッシング利用

急な出費に助かるキャッシング

どうしても持ち合わせがないという場面は、大人として生きているといつかは生じるものです。よくあるのが、飲み会やコンパなどで、そのお店自体はカードが使えるものの、割り勘になるので、幹事役の人に現金を渡すときです。そのため、たいていのサラリーマンは、急な出費に備えて、1万円以上は財布に持っていると思います。それも万札ではなく、払いやすいように千円札がベストです。なので、お金を下ろすときは9000円といった、半端な額にすることも多々あります。

 

それでも足りないときは、近くのコンビニに行ってキャッシングすることもあります。金利がやや高いことは分かっていますが、給与振込みの口座は奥さんが管理している場合が多く、使途不明でおろしたことが分かると、後から面倒なことになるからです。それより小額だけ借りて、翌月返済ならほんの少しの金利で済みます。小遣いから返せる額でのやりくりです。

 

キャッシングより、カードローンのほうが金利が低いので、それが使える人は、急な出費のために契約しておくのもバックアップの一つです。銀行系のカードローンは審査はやや厳しいですが、借り入れ枠が大きく、金利も一桁台のものも多いので、すぐに借りることがなくても、契約だけしておくのもよいかもしれません。メインバンクなら審査も通りやすいと思いますし、顧客として大事にされます。

 

お金を借りる事とは

 

『お金を借りる事』とは双方の信頼関係が物を言う世界だと思います。私は過去に友人にお金を貸したのですが現在1円も返って来てません。それどころか『妊娠して働けない』『旦那でお金かかってる』等と言われ続け最終的に疎遠となってしまいました。
私自身も身内にお金を借りたり等して偉そうな事は言えませんが行程がどうであれ完済させる事が大事なんじゃないかと考えてます。おかげさま借りる先にもよりますが消費者金融は利子が発生するし身内や友人だと関係が壊れる。幸い周囲に『お金貸して』と言う方がいないので安心して貯金や自身の支払いが出来ている状況ですが。
もし私が友人等にお金を貸し続けていたらと考えると、やはり信頼関係がしっかりしてないと貸せません。話が逸れてしまいましたが私が友人にお金を借りた時。友人は『期日までに絶対』と言い1日でも遅れると電話やメールで催促の連絡をして挙げ句の果てには自宅の固定電話にまでしつこく連絡をよこす事も日常茶飯事。酷い時はワザと私の自宅の方面に用事があるから。ついでにお金を受け取りに行きたいと嘘をついてまで返金を依頼します。
躁鬱病ゆえに自分の事しか考えれなくなってるようですが。ご丁寧に不倫相手まで同行させる姿に呆れてしまい正直『金の亡者』にしか見えませんでした。自宅に押し掛けようとしてる身で返せる金額が1万円に満たないと『たった、それだけしか払えないの?なら振込みで勘弁してあげるよ』と上から目線にも程があるくらいの暴言を吐くとこが友人の本性だったのかと想うと悲しいです。
嘘をついてまで私からお金を騙し取るあたりヤミ金よりタチが悪いです。お金が大好きで相手の人生を狂わせてまで貯金や生活費を騙し取る友人は実の家族に嫌われて家族の縁を切られる寸前まで家庭崩壊が進んでしまってるようです。友人からお金を借りた私も悪いですが脅しかけてまで返金の催促をする友人は友人と呼べませんよね。私は返金が終わった直後その友人と縁を切りました。お金を貸したり借りたりはとても怖い事です。貸し借りは基本的にしない。そして貸す時はあげたものだと思って貸します。