お金を借りる時に注意すべき点

友人同士の金銭の貸し借りについて

お金の貸し借りは多かれ少なかれ誰しもが経験することだと思います。特に友人同士においては、少ない金額の貸し借りが重なって大変なことになった、なんて話もよく聞くことです。

 

私もアベノミクス効果で盛り上がり始めていた頃、もうすぐ値上がりすると予想したPCパーツを買うために友人から4万円借りました。その翌月私は返済しましたが、その友人は他にもいろんな人にお金を貸しており私の周りでは有名な人でした。

 

彼はお金を貸す際に「金額、返済期間、利息」についての同意書をみんなに書かせていました。(流石に保証人までは立ててませんでしたが。)しかし、「お金を借りる」という行為はこれくらいのことを覚悟しなくてはいけません。また、貸す側も同様に、「本当に返してくれるか、返してくれなかった場合どうするか」程度のことは考えておく必要があります。お金の貸し借りは、そのまま「信頼」を表します。

 

お金とは便利ですが、それゆえに簡単に信用をなくしてしまう怖いものです。もしあなたがお金を借りる時は、きちんと返済の計画を立ててから借りるようにしましょう。

 

何気なく使った銀行カードローンの話

 

社会人になったとき、給料の振込先の銀行を指定されていて口座を新規で作りました。
そのときに一緒にカードローンの契約もしていたのですが、口座を作った当初は特に気にも留めていませんでした。

 

しばらくたってから、友人と旅行に行く事になり手持ちが心もとなかったのでカードローンから数万円借りました。その時は深く考えておらず、毎月1万円ずつ返せばいいしまとまったお金が必要になったとき便利かも、くらいの意識でいました。

 

その後順調に返済をしていたのですが、転職した際に給料の支払い日の関係でどうしても生活費が足りずまた借りてしまい、転職によって給料も少し下がり徐々に返済が滞るようになりました。当然利息も増えていき、あっという間に十数万円にまでなってしまいました。

 

生活も苦しく、少しずつ返していても利息であまり総額が減ったようには感じられず、気持ち的にもかなりまいっていました。
軽い気持ちで借りたお金ですが、これほど返済が大変になるとは思ってもみず、正直数年前の自分にもっとよく考えろと言いたいです。

 

もちろん、計画的に返済していけば決して返せない額ではなかったと思います。ですが、どこか油断していた自分がいました。カードローンは確かに便利ですが、安易に申し込みをせず、きちんと返済のことまで考えた上でお金を借りるべきだと思います。